キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 求められるスキルと人物 : 必要とされるコンプライアンス

求められるスキルと人物

必要とされるコンプライアンスメイン画像
法務部門の人材で求められるスキルは、コンプライアンス業務にコミュニケーション能力、協調性、柔軟性・冷静さに加え資格を持っている人が優遇されます。

求められるスキルと人物

企業法務としてはこれからさらに戦略法務としての成熟度が増していくと思いますし、それに伴いまして法務部門においての人材募集で求められるスキルなどもますます高くなっていくと思われます。

もうすでに専門知識・実務経験の豊富な方を採用したいと要望している企業が増加してきており、マネージャークラス以上においてもマネジメント業務としての経験と契約書の作成・チェックだけではなくて、紛争対応や知的財産関連などについての幅広い分野に至るまでのスキルを求められているのです。

さらに企業のグローバル化にともなって、英語力ではTOEIC800点以上の会話と読み書きのできる高度な語学力が求められており依頼も増えてきているのです。

コンプライアンスの業務を担当する方の人物像としては、同じ会社の他の部署との連携・やり取りやコンプライアンスの研修などが開催される機会が多いことから、そのコミュニケーション能力、協調性さらには柔軟性や冷静さまでもが求められてきているのです。

また資格についてはコンプライアンスやオフィサーやビジネス実務法務検定などと様々な資格があるのですが、取得した資格よりも実務としての業務経験を優先して採用する企業が多いのが現状なのです。

しかし実務としての経験に加えて、法務関連の資格を持っている人の方を優遇して採用する企業も増えてきております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright by www.dawntodustmountainbikeclub.org.